えろいよ


by v-est2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

久々の更新

そんなに珍しいかい??

更新したあかんのかい?
気まぐれに更新するがな
ミクシの日記のほうは毎日続けてるで~

それはそうと
昨日東京都内JR東日本乗り放題チケットたるものを購入して
1日遊んできた(新川崎→西大井の往復込みで1040円)
当初の目的では東京中の未だ見ぬ大学をめぐりに巡ってやろうと考えていたのであるが
実はこの切符、乗り放題の区間が23区に限定されているみたいで
このため中央線の荻窪以西は別料金とのこと

ということだったので、山手線で降りたことない駅とか前々から気になってた駅をにゃっほにゃっほ呟きながら飄然旅行することにしたのである

今回のルートはこの通り

新川崎→大崎→神田→日暮里→亀有→御茶ノ水→水道橋→巣鴨→大塚→新大久保→大久保→高円寺→目黒→新川崎

どうや・・・1000円はゆうにクリアしてるやろ。いやそうでもないか?
まあええねん。食べ放題と一緒で乗り放題ってなると気分が1歩前にでてがっつけるからよいんですわ


大崎はビジネス街。サブウェイから見えた立正大学という文字に惹かれて大学めぐり。不審者きわまりないが気にしない
綺麗やし過ごしやすそうなええ大学っぽかった なーんて

神田は駅前が汚くて面白い。すぐ近くの日本橋とのギャップが乙だった。ちょっと歩いて日本の原点、日本橋までいってみたが、大したことない普通の橋だった・・・三越本店に行ったが、自分の服装とあまりに違いすぎる品のある客層に焦る。居心地わるかったが7階の伊勢物産展に行って赤福を買ってやった。ざまーみろ

日暮里は墓場だらけ。坂多し。下町というには何か物足りなさを感じる不思議な駅。槇原のりゆきが番組で紹介したとされるメンチカツを商店街の肉屋でみつけて購入。肉汁うわぁってでてたけど個人的にはコロッケのほうがお好き。中国の肉まんには敵うまい

亀有は意外と都会。こち亀の舞台となったほどやねんからド下町なのかと思って期待していたが駅前の完成されすぎたロータリーを見てがっかり。すぐに上野まで引き返した。だって見るとこ何にもあれへんかってんもん。小阪のほうが下町でっせ

御茶ノ水は学生ばっか。すぐ近くに明大とかいろんな大学が密集してる。リバティーセンター17階のスカイラウンジでコップを2つぱくってきた。記念やん。堀沿いに水道橋まで歩く。市ヶ谷からこのあたりまでの景色最高やね。季節もちょうどよい。途中で職質に遭う。学生じゃー

水道橋は読売ランドか。そっちとは反対側を敢えて進む。日大経済学部とか法学部とかの建物があっちこっちにあった。都会の真ん中に大学建てたらこんなんなんねんな。三田の中庭のようなまったりとした学園生活をエンジョイできないのは可哀想。明治も然り。途中で「いもや」という天丼屋を見つける。ふらり。見知らぬところでふらりと入る天丼屋。何か素敵やん。美味くてしじみの味噌汁までついて500円ときた。水道橋にまた行く理由ができた。そのまま駅前の路をずーっといってたら神田の古本街っぽいとこにでてきたので引き返すことに

山の手に乗り換えて次は巣鴨。おばあちゃんの聖地である。確かにばあさんは異常に多い。そしてその婆さんを食い物にした健康食品屋とか健康器具屋とかの怪しげな香りぷんぷんの店が目立つ。あまりにも有名な「刺抜き地蔵」を確認すべく、婆さん達の竹下通りである「巣鴨地蔵通り商店街」へ。婆さんたちは路上で売ってた焼き銀杏を買って食べ歩き。この商店街、一見まったりな商店街ではあるが、自分からしてみると危険な香りプンプンである。金持ってる婆さん、気をつけて!因みに刺抜き地蔵はめーーーーっちゃ小さくてショボかった。これが東京の名所なん?日本に来る海外旅行者がこれ見たら損した気分になるやろなーなんて思っちゃうこの天邪鬼

そしてこの商店街、入り口から終点までの距離がハンパない。いざ引き返そうにもそんな気にならん。さすがに歩きつかれてきた俺は喫茶店を探すが、商店街の端っこって何にもない。ぐーるぐーる歩いてふと気付いたら巣鴨の隣の駅、大塚に到着していた。山手線で田端とどっこいどっこいくらいのマイナー駅ではないか。池袋まですぐやのになんか物寂しい感じがするのは偏見かいな?特筆することが何もない駅だった。大塚愛

大崎からスタートしてもうかなりたつ。山手線もとうとう左側に差し掛かってきた。池袋はいいとして、どうしても気になっていた駅。それが新大久保。新宿と池袋に挟まれたこの駅は朝鮮人が多いそうだ。大阪で言う生野区か?桃谷とか鶴橋みたいな異空間ができあがっているのなら見物やがな。「百人町」っていう地名なんか、エスニック要素満開じゃないの!駅前からごちゃごちゃ。うん、イイ!韓国料理やタイ、ベトナム料理屋がずらり。古臭いラブホがいっぱい。雰囲気いいじゃないの!ただこれまで巡ってきた駅駅に比べ、今一つ活気に欠けている。元気がなくてぼーんやりしてしまう。品川とか恵比寿みたいな洗練されたフレッシュな要素がないのは大阪っぽいところでもあるし、この町の魅力なのかもしれない。もっとも、もっと夜が更けたら町の様子はがらっと変わるはずである。飛田新地みたいにww

新大久保界隈を歩いていたらいつの間にか中央線の大久保駅についていた。近かったのね。この後高円寺にいこうと思ってたからちょうどええかった。新宿で乗り換える手間が省けた。新宿とか池袋とか東京とかって乗り換え多すぎてマジ疲れる。そういった意味で今回のショートカットは省エネでもあった

さてこの辺りから空は真っ暗に。夜の東京観光である。かねてから気になっていた高円寺駅へ。大学のオシャレ友人はいつも高円寺で服買うっていうし、下北沢なんかにはないよさが詰まっているにちがいない!そしていざ高円寺へ。感想からいうと、昔ながらの温かい町に憧れて集まった若者が、雰囲気を壊さないようにしながら洗練させていってる感じ。マイペースな空気の中にも決して間延びしない独特の環境が出来上がっていた。古着屋とかアジア雑貨屋もたくさんあって飽きさせない。下北沢ほど気取った連中がいないことが、落ち着かせてくれる。誉めすぎか。むげんどうの本店でTシャツを2枚買った。この店もマイペースやわ。高円寺に3つも店舗あって、どれもあるいて5分圏内にあるくせに売ってる品物が一緒っている矛盾。あほやね。あほっていいね

そして新宿にもどり、疲れも相当溜まってきた時間。最後に一度降りてみたかった駅、それは目黒。普段は乗り換え駅として素通りするこの駅の周辺はどないなってるんじゃ?東急の中目黒とは感じ違うのかな?などなど想像は膨らむばかり。まさに旅の最終目的地に相応しい!・・・・などと書いたが実際のところ、目黒は期待はずれの没個性駅であった。何がどうってこともないちょっとオシャレなビジネス駅であった。こういう機会じゃなかったらわかれへんかったことやもんな。普段まず行くことのない駅に行ってみるというのが今回の趣旨。「何もない」ってことを知れた。それだけでも収穫は大。私プラス思考なのであります。目黒の二郎やってたら行ってんやけどな~駅中の本屋で「東京必食の激安激うま店」という本がうってたので購入。東京を知り、東京を食す。もうこれで思い残すことはないだろう。明日からB級グルメの旅がはじまるぜ★わっしょいわっしょい
o(`・ω・´)○ ヤー!!

新川崎に着いたのが夜の9:30。出発が8:53の湘南新宿ラインやったから12時間以上も歩きまわったことになる。ええ運動やがな!知的好奇心が満ちてるのが自分でもよく分かる。

あ~しんど
ブログ書きすぎたw
[PR]
by v-est2 | 2006-10-20 18:03 | にきー