えろいよ


by v-est2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己分析あれこれ

上海経済社という、上海で起業した広告業界ベンチャー企業にインターンしているキャリア生のインタビューにいった。

広告業界には非常に興味があって、就職に考えている俺は、今回のインタビューが非常に楽しみであった。

お話を受けてくださった方は大阪の人で、大阪オーラだしまくりのイケメンさんであった。業界的にみて、やはりものすごい生命力とパワーある人間しか生き残れない世界のようで、その方も、見た瞬間からオーラが漲っているのを感じた。
優しさと厳しさを兼ね備えた、「よくしなる剣」のような人だなと思った。
果たして自分にはその業界がぴったりくるのか?

きのう夜中タジと話してて非常に納得した部分があった。
タジは物事をすべて分析的に、論理的に考える人で、鋭さと正確さがある。自分の考えをはっきりと他人に伝えることができて、相手の間違いをも正確に指摘できる。
対照的に、俺は「雰囲気」っていう形ないものを大切にする人で、柔らかさと膨らみがある。
ある意味、なんとなく・・・で動いている部分が大きく、論理的に相手を論破!したりとかいうことに魅力を感じない。どんな人にも合わせられるように体がそうするし、人と言い争って自分の意見をそこまで通そうという気にも起こらない。気持ちを汲み取って共感することが大事やと考えるから。話するだけ無駄っていう人には、ムキになって言い争いするんもアホらしいから自分から距離を置こうとする。

営業とかで、相手先の人を納得させて契約を結んでくるという動作は、どっちの人間の能力が求められるのだろうか。生保の営業とかやったら俺みたいなほうが好かれるかもやけど、対企業の営業になるとあかんっぽいな。

自分にぴったりだと思えるような仕事がしたいな
[PR]
by v-est2 | 2005-08-24 12:12 | しゅうかつ