えろいよ


by v-est2
カレンダー

2005年 08月 22日 ( 5 )

上海25日目;お客さん

昨日の夜に武と好ちゃんと4人で南京東路で待ち合わせして、北京ダックを食べにいった。中国の北京ダックは日本のとは違って、肉までさばいてくれる。かなり美味い。
その後、俺らの部屋に戻り、トランプを買って大富豪を始めた。
東京の人をみていつも思うのが、大富豪に特殊ルールをつけたがる点。
ヤギリ、イレブンバック、都落ち、スペ3、縛り・・・等等。
大阪人にはややこしいルールはとんと理解できない。

しかし、ゲームを放棄するわけにもいかず、やり始めたからには真剣にカードとにらめっこする。ビリになったらビールを飲まなければならない、飲み会の酒は好きやけど、罰ゲームの酒は嫌いやから、トークなしで結構頑張った。
ルールがややこしくなると、矛盾が生じるもので、大富豪はシンプルなほうが個人的に好きだなと再確認した。

夜12時頃になると、次の日に雲南に行くらしいひっすーともっちーって子が泊まりにきた。彼女たちを迎えるためにみんなで集まって待っていたのに、2人は「疲れているから寝る」といった。確かに今日の7時に成田出発してんねんもんなーそりゃ、はよ寝たほうがええわ。

でも、2人は2時間たっても3時間たっても全然寝ようとしない。隣の部屋からぺちゃぺちゃ話し声が漏れている。
寝ぇへんねやったら一緒に飲んだらええのに。ようわからんかった。

まあ、お土産にプリンくれたから良しとすっかーーー
旅行楽しんできてください。
[PR]
by v-est2 | 2005-08-22 17:51 | にきー
ゲーム疲れのせい・・・で昼まで爆睡して、2時半ころ外出した
目指す先は七浦路服装市場。ここは日本のガイドブックには載っていない、中国の一般市民しか知らない隠れスポットである。

四川北路をずっと南下して、だいぶ歩いた結果、やっとこさたどり着いた。

でかい・・・すげぇでかい。服装専門のデパートが3つドン、ドン、ドンとあって、更に現在特大の、空港かと思うくらいのデパートを建設中である。
さらに、デパートとデパートの隙間を埋め尽くすように、小さな露店が無限に続く。通路は人ごみで埋め尽くされ、商品の服(これがまた激安!5元とかで売られている)もみくちゃにされて、圧巻だ。常にスリの気配をムンムンに感じる、なるほど、日本のガイドブックに載ってないわけや。

それにしても店が多い。買い物好きの女性にはたまらんスポットやろう。だって、小さな店がこれでもかっちゅうくらい軒を連ねていて、それらがみな中国価格。値下げ交渉を粘れば半値で買える。そういえばバイヤーっぽい人もちょくちょく目につく。あんなでかい荷物、どうやって持って帰るんやろ?

俺はそこでGパンに取り付けるタイプのキーホルダー(22元→15元まで値下げ)と、ノートパソコンバッグ(180元→90元まで値下げ)を購入した。実にいい買い物や。よかよか

七浦路服装市場は襄阳路服装市場よりはるかに面白いし安いしいい物が売っている。外国人も少ないし、かなりオススメである。残り2週間のうちに確実にまた行くことになるやろな~

俺はインターン期間が終了したら、上海駅からバスで3時間ほどの、『義烏』っていうアジア最大の卸売り市場に視察に行くつもりである。
バイヤーの聖地との呼び声も高い義烏には、60000もの商店があるという。今回訪れた七浦路服装市場のおよそ60倍の規模である。
将来姉ちゃんがバイヤーして服屋するっていうんで、弟として視察に行くのは当然やろ!!

やから日本帰るんもう少し遅くなるかもやわ>これ見てる皆さん
[PR]
by v-est2 | 2005-08-22 16:59 | にきー

うずちのせいちょう

ひさびさの夜更かしそして昼まで寝られる快感ーーー
さんざん仕事して、さんざんうまいもん食べて、さんざん遊んで、さんざん寝るっちゅうのは幸せなことやね。
上海に住むようになってから自分のリミッターが解除された気がする。
春先の花のつぼみのように、毎日毎日ほんまちょっとずつ花開こうとしてる感じかも。

夏休みの期間、一念発起して上海にきてほんまによかった。
インターンの仕事はもちろん、これがきっかけでブログ書くようになって自分を見つめなおすきっかけがうまれたし、慶應三田会の先輩の方とも会うことができたし、OB訪問もしてるし、企業訪問もしてるし、中国語だってしらず知らずのうちに身についてるし、ビジネスマナーだってちゃんと身についてきた。精神力も体力もかなりUPしてる実感あるし。いいことずくめだ。特に、会社という組織について自分なりに考えるきっかけを得ることができたのは大きい。
おそらく日本中のどの大学生より充実した時間を過ごしているだろう。

上海はでかい都市だ。まだまだ未完成ながらも、十分世界で1軍で張っている。
そして日本以上にシビアな世界。ここには人間が10倍もいる。
シビアな世界に身をおくと、人間って成長するもんなんやね!e0027072_1912874.jpg
[PR]
by v-est2 | 2005-08-22 16:30 | しゅうかつ

パズルボブル

e0027072_1874345.gif

昨日の日記には高橋名人しか書いていなかったけど、パズルボブルの話も少し触れておくことにする。なにせボスは最強だったから

パズルボブルとの出会いをさかのぼると、これまた小学生のころ、大阪商業大学近くの『イキツケ』のゲーセンで一回20円で遊べた。学校帰りに親父と一緒に帰るときはいつもそこでやっていた。やばい、すごい懐かしい。

もちろん当時は全クリなんて考えたこと無かった。
そして、まさか21になって上海で全クリに挑もうとするとは・・・

99面までなかなかのペースでさくさく進むことができ、とうとう100面のボス。かわいい顔してこいつがまた強い。「泡出して雷を横に流して敵に当てて・・・」っていう一連の動作で60回攻撃を与えなければならない。ミスは一回でもしたらアウト。夜も更けてきたこの時間、並々ならぬ精神力が問われることとなった。

エンディングをばっちりビデオにおさめておこうと、俺らはカメラでボスとの決闘の様子を一部始終撮影することにした。しかし、一本目が終わり、二本目が終わり、3本目になってもいっこうにボスをやっつける気配すら感じない。(ちなみにビデオ一本は15分)結局5本目を撮り終えたところで、携帯の充電はきれてしまい、撮影は断念することにした。このときすでにボスと向き合うこと75分。俺ら何やってんねやろ?
e0027072_188876.gif


こいつがええ動きするんですわ、ほんま

ボスはまだ生きてるぞ!どうする、うっず?
[PR]
by v-est2 | 2005-08-22 15:31 | 2ちゃんねた
金曜日!!今週1週間はあまりにも早すぎた
晩に約束していた社会人の方との食事会が都合でいけなくなってしまい、
夕食をいつもの食堂で過ごしてさあ、夜何するってなったとき

やっちゃいました。ファミコン。ゲーマー二人やな。
高橋名人は俺がほんま小学校くらいのときからマジはまってたゲームで、
それでも全クリできなかった思い入れの強すぎる懐ゲーである。
そのハマリようといったら、もう、1面は画面見なくてもノーミスでクリアできるほどである
当時はリアルにそうだった。e0027072_18321948.jpg
たしか、高橋くんが恋人ティナを救うためにキュラ大王をやっつけるってストーリー






その、幼い頃の思い出を、21のおっさんになった今ほじくりかえして全クリを目指すというのである。もちろん、PCのエミュレーター使っているので、クイックロード&セーブしまくりではあるが・・・
高橋名人の難しさは、一度死んだらそのままバタバタ死んでいく点にある。
これはもう知らない人にはどうでもいい話なのだが、ファイアー状態を常にキープしてトラップや岩などを燃やさないと99パーセント、クリアから遠のいてしまうのである。

大のおとな二人をもってしても、それはそれは困難な道のりであった。
特に8-3.クリア目前のそのとき、どう考えても不可能としか思えない場所があった。
ファミコンの設定は、人間にクリアさせることを考えていないとよく言われるが、まったくそのとおりである。
クイックロードを200回くらい連発して奇跡のクリアを果たすことができた。これは俺の長年の夢でもあった。案の定、エンディングはショボかったが、達成感に満ち溢れていた。Aボタンを連打したことで滲み出る汗の感触が、幼い頃、日曜の朝早起きして必死でやった記憶を彷彿させる。

あぁ、俺は昔からゲームが好きやったんやな
日本帰ったら彼女とドクターマリオやろーっとe0027072_18251277.jpg

た、た、高橋名人・・・(゜Д゜;)

ps.
パズルボブルの話はまた今度。こいつも強烈やってんなぁ
いまだにbad endingしか見れてません
[PR]
by v-est2 | 2005-08-22 14:17 | にきー