えろいよ


by v-est2
カレンダー

2005年 08月 31日 ( 5 )

土日のかなりビジーな日程をこなしつつも翌日きちんと出社するという、社会人の洗礼をうけながら、徐々に働くということの意義と自覚を身につけつつあるうずであるが、今日は自覚ないままに、住んでるマンションの階段で爆睡してしまっていた

というのも、今日は今まで毎日飲んでいたメンバーに加えて、ひっすーもっちーが雲南から帰ってきたことと、来月からキャリアプログラムに参加することとなった翔飛6の
[PR]
by v-est2 | 2005-08-31 16:20 | にきー
周荘で1泊した次の日は悲惨である。
睡眠不足と胃もたれと二日酔いとで体力は常にレッドゲージ
できるだけ無駄な動きは避けたいところである

さらに周荘の次の日は、つまり今日は蘇州観光で、寒山寺やら虎丘やらいろんなところを見物いく。当然めっちゃ歩く。

意識朦朧なりながらも、集団を引っ張っていく沈くん、新谷は偉大であった。
おれなら今日のことを考えるとあそこまで飲めないよ

そしていろんな名所を観光して夕方に同斎大の宿舎に戻った後は足つぼマッサージに出かけた。昨日風呂に入ってない+サンダルで歩き回った俺の足をもみもみするお兄さんの顔が引きつっているのを確認した

いままでふらふらだったくせに、マッサージしてもらったらやけにハイテンションになって
夜中12時からボーリングしよっかということになった
今から考えてもあの体力でよくやったなと思う

夜中、門限やぶりを当たり前のようにやって、たじ、たけ、新くん、たーくん、このちゃん、なっちゃん、俺の7人はタクシーに乗って虹口サッカー場駅隣にあるボーリング場へ行った

日曜深夜で1ゲーム12元だった。2チームに分かれてチームアベレージが高かった方が負けた方から合計60元もらうという賭け事をやった。1ゲーム目の結果は、俺のミラクル4連続ストライクもあってスコア188というすばらしい得点をたたき出し、新くんとなっちゃんを救い勝利した。

2ゲーム目は、俺のミラクルの再来を信じ、同じチームになった新くん、たじ、たーくんは大喜びだった。ところが、いざ始まってみると、今度は3連続スプリットの合計5スプリット、105点という情けない結果に終わってしまい、チームの足をひっぱる形になった。
2ゲーム目にチームの前線にたって頑張ってくれたタジとたーくんには申し訳ないことをしたけど、ほんま大人数でやるボーリングはおもろいなと感じた

ボーリング終了後、本来ゲーム中に飲むつもりだったのに、カウンターでとめられてしまったビール16本を店の隣の階段で飲み始めた。
気がつけば時計の針は3時半をさしていた
俺とタジは毎朝7時半に起きなければならない。しかも翌日は10時半からアポがはいっている。

明日は月曜日、仕事大丈夫か?
[PR]
by v-est2 | 2005-08-31 13:56 | にきー

高校生とシニア世代

今回の翔飛短期の参加者には、なんと高校1年生がいる
これまでシニア層の方の参加者は見てきたが(ここ最近増加傾向!今回も何人かいる)
まさかジュニア世代からも参加者がでてくるとは思わなかった。

翔飛でみんなとコミュニケーションしているだけで、いろいろな世代の見方、考え方が吸収できそうだ。もっとたくさんの人と話をしていろんな感性を理解できるようになりたいもんだ

参加者の一人は小さい頃徳島に疎開していたという
またある参加者は平成生まれだという
じいさんと孫のように、50歳も年齢が離れているってすごいことやんな。

翔飛8の参加者は皆、仲良くやっているようだ。
体には気をつけて一生の思い出をつくってください!
[PR]
by v-est2 | 2005-08-31 13:16 | しゅうかつ
翔飛中国という旅行は酒に舵取りされている感が否めない

毎日確実に1人大瓶1本ペースで消費し続けてきた俺とタジも、翔飛のメンバー・スタッフたちが上海にやってきてからはものすごいペースで酒を飲みまくるようになってきた。
毎朝、睡眠不足でふらふらになりながら、酒飲み部屋を後にするとき、その辺に飲み散らかした瓶の山と、その辺で寝ている強者たち。まるで戦場にいるようだ。

そんな酒好きたちがツアーの中でもっとも楽しみにしているのが、この周荘小旅行なのである。一年前のこの日、レストランの酒のストックを空っぽにして店から追い出されたという伝説を残した翔飛6のメンバーは、懐かしい思い出を更新すべく?再びこの旅行に参加したのであった。今回は翔飛5の酒部隊、スタッフの沈くんも加わり、更なる加熱を予感させた

みるみるうちに空っぽになっていく大瓶をみていると、内容量1ℓくらいの特大瓶とかがあればなど、あほなことを考えてしまう。最初の食事だけで1ケース!空っぽにしてさてここからが本番、ホテルにもどっての2次会が恥!まった。

あの、忌まわしき白酒も今回は当たり前のようにセンターで鎮座してらっしゃっている
俺は今日果たして眠れるのだろうか?それとも永遠に眠ることになってしまうのだろうか?

月から金までみっちり働いて、週末の土日を酒で埋め尽くす。疲れきった体に酒のムチが内部から響く。こんなふらふらやのにそれでも飲みつづけるんは絶対マゾやわ
にしてもみんなでわぁわぁ盛り上がって年とか経歴とか気にしない仲間で飲めるんって幸せやな。みんなとは一生付き合っていけるかな?日本に帰ってからも飲みつづけたいな・・・
いま、ここにいる喜びをぼんやりながら感じつつ、翔飛に参加したときの思い出がフラッシュバックしながら静かに眠りについたうずであった。
[PR]
by v-est2 | 2005-08-31 12:49
以前上海で参加した語学勉強会で知り合った西村さんという方と
急遽、雲南中路というところで食事に誘っていただけることになった。

たまたまその日は営業の日だったのでスーツを着ていて、なんとか格好がついた。
雲南中路は人民広場から割りと近めのところに位置し、ごちゃごちゃ安い食べもんとかグロテスクなもんとかの店が軒を連ねているところだ

新彊ウイグル料理ってみんなしっているだろうか?イスラム料理らしいんやけど、羊肉で有名らしい。よく屋台とかで羊肉串っちゅうのんがあるが、あれもウイグル発祥なのか??
ともかく、羊肉は日本人にはなじみが無いが、中国では牛、豚と並ぶメジャー肉で、結構うまい。牛肉よりちょっとコリコリしてる感じかな。

他にも中国でメジャー料理の一つに火鍋っちゅうのがあるけど、あれでしゃぶしゃぶするんも羊肉が基本。こっちは牛とか豚よりはるかに口に合う。

さて、雲南中路のなかでひときわ込み合っていたひとつの店にはいり、新彊ビールたる黒ビールを喉に流し込んで、1週間の疲れを労いあった。
店の雰囲気は俺らがいつも通う食堂となんら変わらない、いやむしろ小汚い感じで、客層もまあまあな感じなのに、メニューをみると、30元、40元と随分と背伸びした値段が続く。
人気店だけに値段をつりあげても客はくるのだろうか?それとも、一品一品がとてつもない量なのだろうか?

店員の対応は最悪であった。いくら小姐!とよんでも無反応だし、注文しても全然やってこない。前菜が一番最後に来た始末だ。
かといって料理もめちゃくちゃうまかったわけでもなく、新彊料理は俺の口に合わなかったのかもしれない。

俺、タジ、西村さんの後ろの席がなにやら騒がしい。
誰かの誕生日会をしているようだ。店にケーキを持ち込んで大声で騒ぎまくり、挙句のはてにはケーキ投げ大会が始まって顔にぶつけあっている
中国のhappy birthdayはいかにも中国っぽいんやなと思った
トイレに行ったら顔中ケーキだらけのおっさんが隣で小便かましてる一般人と笑いながら超狭い手洗い所で頭を洗っている。お陰で水は詰まるわ鏡は生クリームで見えへんわ床はびちょびちょやわでもうどうしようもない。
基本中国の便所は日本人には想像つかんほど汚いねんけど、そのときのトイレは、戦争でも起こったかのような有様であった。

日本のホテルの綺麗なトイレでゆっくり用を足したいもんやわ
[PR]
by v-est2 | 2005-08-31 12:02 | にきー