えろいよ


by v-est2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

実家にて

姉ちゃんと今からスロットうちにいってきます

俺が今のところ理解できるのは北斗とカイジだけ

でもいつもいくアッシュではカイジの台がもうなくなってしまったらしい

ビギナーズラックよ!閃け!!

また結果報告します
e0027072_16472019.jpg
[PR]
by v-est2 | 2005-11-23 16:47 | にきー

大阪帰りまーす


連日に及ぶ神戸プレゼンの打ち合わせもやっと目処がたったので、実家に帰ります。
25日から27日まではゼミのみんなと一緒に行動やわ。鶴橋で焼肉食べにいったり京都で観光しにいったりで楽しみやけどプレゼンもせなあかんし幹事的なこともせなあかんから大変かも

29日には大学の用事があって日吉にまた戻らなあかんから、実家にはあんまゆっくりでけへんのが辛い。爺ちゃんが体を壊して入院してるから見舞いにいきたいし、他にも実家でやらあかん用事があるんで、ばたばたしそう。せっかくの帰省やのに残念やわ。次は年末やな!

神戸プレゼンの発表のほうはすごいええ仕上がりで、てか内容がすごい面白くて、ええ議論ができるんちゃうかなと期待。選挙やらプレゼンやらで、はらはらとわくわくが隣り合わせの毎日。人生は新鮮なほうがきらきらできてええね。

選挙もプレゼンも、周囲の期待もたくさんあるから自分のためはもちろんやけど、周りの期待にこたえるためにも全部絶対うまいことなりたいねん。自信は満々やけど(笑)

23時から新宿で夜行バスのってかえりまーす
ばいばい!
[PR]
by v-est2 | 2005-11-22 19:14 | にきー
大学の授業のまとめ
ここんとこすげぇ興味あってんなぁ

ベトナム
WWⅡ前  フランス植民地
WWⅡ中  日本が制圧
日本敗戦後 ホ・チミン 独立運動するもフランスがまた取り返しにやってくる
(対仏)第一次インドシナ戦争→ベトナム勝利
1954   ジュネーブ協定 フランス、ベトナムをあきらめるもN17を境に南北分断
北;ホ・チミンの社会主義政権 南;弱い。米がドミノ現象を押さえ込むために肩入れ
南の中から南越解放戦線(社会主義ゲリラ勢力)が生まれ、内部から撹乱。アメリカ、これを駆逐できず。
アメリカはこれを北ベトナムの仕業であるとして北側の中心地ハノイを攻撃→ベトナム戦争
1973   アメリカ撤退。南側サイゴンが崩壊。サイゴンがホ・チミンcityへと改名され、ベトナム共産党を中心とする社会主義国家が形成される

カンボジア
WWⅡ前  フランス植民地
WWⅡ中  日本が制圧
日本敗戦後 シアヌーク国王独立宣言するも、ベトナムと同様フランスが取り返しにやってくる1953    フランスから独立宣言
1960代   隣でベトナム戦争が起こるなか、カンボジア内でゲリラ勢力が生まれる
ロン・ノル将軍がクーデターを起こし、シアヌークを追放(シアヌーク北京に亡命)
→ロン・ノル クメール共和国樹立。政策へたくそでずたずたに・・・
他のゲリラ勢力、ロンノル政権打倒に動き出す
1975    ロンノル政権打倒され、クメール・ルージュ政権樹立。人々は期待。最高指導者にポル・ポトをおく=ポル・ポト政権(中国と連携)
キリング・フィールド文革・紅衛兵のマネごと→恐怖政治
ベトナムにも領土侵犯しばしば。ベトナムキレてポルポト政権(プノンペン)制圧→ヘン・サムソン政権樹立
中国、最大友好国カンボジアを(華僑を迫害した)ベトナムをつぶしたとして、懲罰・限定戦争
→中越戦争
中国、何万人もの死者をだすも人海戦術の後、なんとかランソンまでたどりつく
ベトナム、カンボジア駐留かわらず
さらに、中国・ベトナムとの関係最悪に。
1980代   中ソ関係の改善 ベトナムのヘン・サムソン政権解体にかかる
1989    ベトナム、カンボジアから撤退←国連の介入
→ベトナム、PKOの統治下に。
ちなみにここで日本初めて自衛隊を派遣
1991    カンボジア暫定政権を設置
1993    シアヌークが戻ってきてカンボジア王国が復活

   
[PR]
by v-est2 | 2005-11-16 00:15 | しゅうかつ

弁理士

ここんとこずっと悩んでたことがある

実はこないだ知的財産検定2級をうけたんやけど、知財のスペシャリスト目指して今後も勉強を続けようかどうしようかということである。就職とかの進路にもかかわってくる問題なので、結構迷っていた。

アメリカのプロパテント政策にならって遅れること20年、日本も知的財産立国の仲間入りを果たそうと、小泉首相が2002年に打ち立てたジャパン・プロパテント政策。これにより『知的財産検定』が民間資格から省庁認定の三部資格へと格上げされた。
これまで知財関連の資格が弁理士しかなく、これが司法試験・会計士とならぶ超難関資格であったため(合格率3%)社会的ニーズは非常に高まりをみせつつも、敬遠されがちであった。政策により資格の価値がぐーんと高まったことで、弁理士を大幅に簡単にしたようなレベルの、知財管理部や法務部で働く会社員にはもってこい(キャリアアップや手当てにも使える)のまさに『素敵財産』検定となったのだ

俺はこれからの社会ニーズや海外情勢を鑑みて、ここ何十年は知財で食っていけそうやし、今やからこそ知的財産検定だけでも評価されるけど、今後知財人口が増えたら絶対弁理士目指す人口は増えるやろうなと、そうなったらレベルもあがって、ちょっと前の司法試験とおんなじ状況になるに違いないと思った。ならば早いうちに弁理士の資格をとってしまってブームにのっかりたいと考えるのはごく自然なことで、ちょうど知財の勉強で基礎はある程度身につけた今こそチャンスやと考え(論文は捨てて択一に絞る!)、早速くそぶ厚い体系別択一問題集(5000円!)も買ってみたりもした。

しかし、よく考えてみると第一に時期が悪い。誰が大学3年の秋から翌4年の春にむけて最難間資格合格めざして勉強するだろうか?がっつり就活とかぶるやん。怖いのがどっちつかずだ。でも、就職したら今より余計に時間がなくなるのは目に見えてるわけやから、ねぇ。ゼミ・就活・選挙活動にさらに「資格」。俺、あほなんかもしれへん。笑

次に、レベルが高すぎる。知財検定2級勉強開始当初は、「まあ、教養として身につけておこう」くらいの位置づけで勉強していたのだが、勉強がこれまた面白い。これまで楽しみながらうきうき勉強したのはほとんどなかったから、この出会いはマジ衝撃的だった。(脳味噌に刻々と植え込まれていく知識にほろ酔いしながら勉強するのは非常に心地よい)
とはいえ、相手は合格率一桁台の最難関資格である。普通に考えて俺が受かるとは到底考えられない。しかもダブルスクールにも通わないで独習でこそこそやるわけやし・・・
でもなぁ、そういう状況で合格したらまた格好ええねんなぁ。「参考書と六法で人生かわりました。何が高くついたかっていえば、毎日朝から晩まで篭ってたミスドのカフェオーレ代ですよ、金返してほしいわ、ほんま」とかいって調子こきまくりたい!!

他にも無謀さを挙げたらキリがないけどまあとにかく頑張ってみるわ。
弁理士の勉強がめちゃ楽しいから精神的負担がほとんどないのが原動力やねん♪

ということでリスクはめちゃめちゃありますが、今はノリノリなのでこの気持ちを大切にして、来年5月(あと半年)の択一合格にむけて、体を労わりながらコリコリ頑張りたいとおもいます。いまブログ書きながら決心がつきました。一次合格が当面の目標です。

2次(論文)については合格してからいずれ考えるわー

もちろん就職も選挙もゼミもぜんぶバッチリ決めるでぇ



挫折したらすぐ報告します(ぎゃー)
[PR]
by v-est2 | 2005-11-14 09:29 | しゅうかつ

OB会

昨日はゼミのOB会があった。
船の上での船上パーティーで、とにかくきてる人数が半端じゃなかった

今回はゼミ創設20周年ということで、1期生から俺らの21期生まで一堂に集結したわけなんで、ざっと400人くらいになるんかな。よう船に乗れたなぁ

同時にゼミの重みを感じた瞬間でもあった。

この時期のOB会といえばやはり3年生にとってみれば、必然的に就活のOB訪問へのきっかけづくりが主目的となってくる。憧れの先輩もやはり数年前にOB訪問をしてきたわけやから後輩のお願いを快く引き受けてくれる・・・はず

国分ゼミではメディア系の就職者が多く、また今の3年生もメディア希望者も多いのでぴったりである。おれはメディアはあんま今のところ興味ないんやけどなぁ

最近3年内でも就職の話がよくでてくるようになってきた。もうそろそろ就活が本格化するのかと思うと背筋がピンとはるような気持ちになり、わくわくぞくぞくしてきた。いやーとうとうこんな時期がきたか
[PR]
by v-est2 | 2005-11-13 09:16 | にきー

全塾協議会って・・・?

俺が立候補した全塾協議会っていう組織がどういうものなのか知らない人が多いと思うので、(実際俺も選挙にでるまで何にも知らんかった)全協HPから抜粋した文章をもとに解説させてもらう。

http://keio-zenkyo.com/
これが全塾協議会(略して全協)である。なんともちゃっちいHPである。

全塾協議会とは
①全学部生による公選によって選ばれた全塾協議会事務長・事務局次長
②上部六団体である、文化団体連盟・体育会・全塾ゼミナール委員会・全国慶應学生会連盟・四谷自治会・福利厚生機関本部の団体代表
以上の8人により構成されています。

全塾協議会の運営形態 慶應義塾大学学部生における最高意思決定機関。
 毎月、全塾協議会事務局長・事務局次長及び上部団体の代表者の3分の2によって、会議が開催されます。また、決議を必要とする場合は、全会一致による決定を採用しています。
 そして、全塾協議会の業務は『学生自治会費』の公正な配分を行い、広く学部生に還元できるようにすることや、所属団体の代表を承認するなど、慶應義塾大学における自治活動全般に関わる基本方針を決定しています。・・・・・全協HPより一部抜粋

さらに抜粋・・・・・
全塾協議会事務局の仕事とは
1) 全学部生に対する『学生自治会費』の 公正な配分を達成するための管理・運用
2) 慶應義塾大学内の全団体の自治活動に関する啓発
3) 全塾協議会の議事内容についての広報活動
4) 学生自治会費の直接交付を受けた団体に対する収支決算報告の監査及び報告
などが挙げられ、慶應義塾大学内の他のいかなる学生組織よりも公共性並びに責任が必要とされています。

ふむふむ。つまり全塾は大学生の学生自治の総本山なわけか。にしては知名度が低すぎるんですけど・・・

自治の仕事としてざっと思いつくのが
①大学内の治安維持②福利厚生③環境整備④行事・イベントの開催⑤広報
などか。こう考えると活動範囲はかなり広い。そしてかなり責任ある仕事である

それを事務局長・次長を含めた8人で話しあうわけか。しかも全会一致ということは拒否権も発動できるんや。いや、待てよ。事務局は次長もいるから実質2票持ってることになるから、権力的には最強ということになるやん。そんでええんか・・・まあそれだけ学部生の生の声を大学意思決定に反映させたいんやろうし、民意をそこまで重視するからこそこんなに大袈裟な選挙も開催されるんやろ。

しかし、それだけ重要な職務であるにもかかわらず、なんで学部生のほとんどが無知なのだろうか?全協はいままでどんな(ちゃんとした)活動を行ってきたのだろうか?ここんとこは立候補してる自分ですらよく把握していない(だってようわからんもん)。そもそも「事務局」って何人で構成されてんの?

せっかく学生自治という面で制度的にめっちゃ優れているのに、それが100%機能していないのはとても残念である。

新しい事務局長・次長が求められること。それは、不透明な旧体制を壊し、新体制を構築する。そして事務局長という最高のイニシアチブを活かして慶應を「さらに過ごし易い」「良い」大学にするための土壌作りに急いでとりかからなければならない。一年の任期でどこまでやれるのか、まずは当選してみないとはじまらないわけだが、自分がこころから好きな慶應をもっとよくしたいという気持ちは人一倍強いので(!)この気持ちをぜひ全塾協議会の議論の場でぶつけてみたい。

俺の詳しい公約は↓参照
[PR]
by v-est2 | 2005-11-09 11:36 | 2ちゃんねた

写真だけでてた

三田キャンの中庭の掲示板のところ1箇所に、立候補者4組全8人の顔写真が公開されていた。普段は目立たないような場所ではあるが、写真が8枚も掲載されてたら嫌がおうにも目立つ

選挙までまだ1ヶ月以上もある。それまで自分の写真が悪戯の洗礼を受け、目とか鼻が画鋲だらけにならないようにただただ祈るばかりだ。小学生の時よくそんな悪いことしてただけに文句も言えない・・・

ほかの候補者の人はどうしてんのかな?今度飯でもたべて話したいなぁ
なんか顔合わせもなく選挙始まったら、居心地悪くなりそうやん
[PR]
by v-est2 | 2005-11-09 01:33 | 2ちゃんねた

公約

慶應全塾協議会選挙管理委員会に提出した選挙公約をとりあえず載せとくわ
他の候補者はどんなことを掲げてんねやろ?


私たちは、「主役は塾生」をテーマに、全塾協議会が皆さんの満足を創出し続ける機関となるべく、今新たな改革の取組みを始めます。
今まで全塾協議会の活動が目に見える形で実行されてこなかったと思います。私たちが目指す全塾協議会とは、皆さんひとりひとりの声をエネルギーとして成長する機関です。私たちはアプローチを重ねることで、塾生のみなさんにも理解され、時に意見をいただきながら、共に慶応義塾の更なる発展を目指すことができると信じています。塾生のための全塾協議会として、具体的政策を挙げ「できることを形に」との思いでアクションを起こし続けます。具体的な政策として、以下を掲げます。

①塾生のニーズを考慮した新しい授業スタイル
「実学」の精神のもと、実社会で活躍する先輩方から学ぶことには大きな意義があります。そこで、慶應卒の企業家などをお招きし、双方向型、問題解決型の授業の設置を提案します。
②インターンシップをサポート
これまで、就職課では就職支援のみの活動を行ってきましたが、3年次にインターンシップを経験する学生は年々増加しています。こうした学生のニーズの高まりに応え、サポート体制の整備を唱えます。
③タテのつながり-就職を全協がサポート
慶應の魅力のひとつは『タテの固い結束力』です。他大学には真似できないこの強みをもっと活かして、先輩方から『実社会の生きた学問』を多く学ぶべきであり、OBOG・塾生との交流会を提案します。より身近な存在である全塾協議会が母体となることで、みなさんにも気兼ねなく参加していただけると思います。
④ヨコのつながり-知的な交流の場を提供
タテは結束していてもヨコの繋がりは希薄なように感じられます。普段すれ違うだけで話もしないような人と実質的につながりを持てる機会はなかなかありません。そこで『知の交流』を深めることで見知らぬ人との距離を縮めることができるのではないかと考えます。私たちがキャンパス・学部・ゼミなど、さまざまな単位で議論を交わす場を提供することで、知的交流・人的交流が促されるのではないでしょうか。
[PR]
by v-est2 | 2005-11-09 01:07 | 2ちゃんねた

品川探索!

ついに新川崎ー田町間の定期を購入した!

実は今まで週2回しか三田キャンパスにいってなかったので、切符を買った方が安くついていたんやけど、このたび神戸プレゼンの準備とかで三田に行く機会が大幅にふえ、定期をかうこととなったのだ

定期を購入したことによって一つの楽しみが増えた。途中の駅で下車できることである。
これまでは興味めちゃあるもただの乗り換え駅として改札からでることのなかった品川駅にもいけるようになった。今日は朝ちょっと早い目に家をでて、品川で降りて1人でちょびっと探検してみることにした。

品川はホンマ日本有数のビジネス街であり、渋谷とか新宿とかのような遊びスポットは全然ないが、一流企業が密集しまくっているだけに、かなりレベルの高いオシャレな店とか、居酒屋とかが乱立していた。さすが、ビジネスの中心地やわ。ビジネスマンの割合が9割といったところか。田町も結構多いんやけど、品川はレベルがちゃう。さすが新幹線の到着駅なだけあるわ。

こんど機会があれば品川プリンスホテルと、品川ラーメン横丁と、ホテル内水族館に行ってみたい。せっかく定期でいけるとこやねんもんな、楽しまな!

ちなみに、品川駅は品川区ではなく港区で、目黒駅は品川区だそうだ。ややこいね
[PR]
by v-est2 | 2005-11-09 01:03 | にきー

神戸のプレゼン

実は11月25日から1泊2日で神戸大学まで合同ゼミをしにいくことになっている。

合同ゼミは、慶應・京大・神大・一橋とそうそうたる顔ぶれの中で行われるプレゼン発表形式である。慶應の名に恥ないように頑張りたい。

んで、26日に発表をせなあかんので、そろそろプレゼンの準備にとりかかりはじめてるわけ。
週明けにも本格的にグループで集まって話し合いがスタートする。あぁ、大変そう・・・

テーマは日中関係改善にむけての政策提言っちゅうことで、めちゃ最近の時事ネタであり、ある意味取り扱いにくいテーマである。この2週間でどこまで落とし込んだものができるのか、みんなのモチベーションと体調管理が要となる。

ここだけの話であるが、今回の合同ゼミで俺は冒険的に、新しいプレゼンスタイルを試してみたいと思う。もんたメソッドhttp://www.bricklife.com/weblog/000626.html
と俗に言われているパワーポイント提示方法なのであるが、いわゆるおもいっきりテレビでもんたさんがパネルのシールをペラペラめくりまくるーーあのスタイルである。
どうやら視聴者の視線を釘付けにするツールとして最近パワポ界でも注目されてきたらしい。
すごいな、もんちゃんはずっと昔からこのツールを使い続けてきたんやもんな
e0027072_0534066.jpg

・・・じゃなかった


e0027072_0561470.jpg

どっちも黒すぎ



神戸という完全アウェーの地でしかも、五十頭旗(いおきべ)真教授など日本を代表する著名な教授陣の前で、この技法を是非披露してみたいものだ。

こいつらのプレゼンおもろいわ!って思われるか、もしくは発表をナメてんのか!って思われるのかはプレゼンターの器量次第。新しいスタイルを拒むという日本的概念を壊していく作業はしかし、俺にこそ求められている使命なぁぁのだ!・・・なんて勝手にそう思ってる。
[PR]
by v-est2 | 2005-11-06 00:57 | しゅうかつ